テニスの練習試合でカウントを忘れてしまう時の対処法

あなたは試合をしている時にカウントを忘れてしまったことはありますか?

私は遊びの試合の時に何度かありますが、

あれって、

テニスの試合が楽しくて試合内容に熱中しすぎて、

勝ち負けがどうでも良くなった時に忘れるような気がするんですよね。

ある日の練習試合で、

30-15で私の方が勝っていたはずなのに、

相手サーブの方が自信満々にコールしたのが、

『フォーティー、ラブ!』

あれ?

私の記憶だと、

1ポイント目は相手のダブルフォルトで『こっちのポイント』

2ポイント目は私のパートナーの空振り『相手のポイント』

3ポイント目は私の渾身のポーチボレーで『こっちのポイント』

全部ポイントを取られてますやんっ!!

すると相手のパートナーも、

『あ、あぁ!そうだったな!』

『フォーティー、ラブ!』

と言って試合を再開しました笑

楽しいので全く問題はないのですが、

私がコールする自分のサーブゲーム以外はほとんどカウントがおかしくなるので、

少しカウントを忘れないための方法について書いていきたいと思います。

主にこの3つあります。

スポンサーリンク

めくるスコアカウンターを設置する

審判台やポール際にスコアカウンターを置いておくと間違えないですね。

ポイントが入った後に近い人がめくりに行くと、見ながらコールができます。

ただし、ネットで値段を見ると、

5000円~10000円くらいと少し高いですね。

どうやってポイントが入ったかを頭に入れておく

先ほどの私の記憶した3ポイントのように、

何があってどっちがポイントを取ったかについて

覚えておくようにするのも良いかと思います。

ポイントが入った直後に自分で先にコールする

1ポイント終わるごとに自分で先にコールするのも良いかと思います。

あるいは確認も含めて、

『えっと、サーティフォーティ?』

というように伝えるのも1つの手ですね。

テニスの練習試合でカウントを忘れてしまう時の対処法は以上になります。

あなたもテニスに熱中しすぎてカウントを忘れてしまわないように気をつけましょうね!

スポンサーリンク

シェアする