テニスでファーストサーブが入らないときに確認するべきこと

あなたはファーストサーブがなぜかうまく入らないときがありませんか?

試合や練習でサーブを打っていると、

急に白帯に当たることが増えたり、ボール1球分フォルトをしたりと、

惜しいフォルトを連発することもあるかと思います。

そんな場合は、

ほんの少しだけ打点とラケットの向きを修正するだけで調子を取り戻すことができます。

今日は、

ファーストサーブが入らないときに確認するべきこと

について書いていきたいと思います。

確認するポイントは以下の3つです。

・打点が低い(肘が曲がっている)状態で打っていないか?

・ラケット面の角度が上もしくは下を向いていないか?

・グリップから押し出したスイングをしていないか?

惜しいフィルトを連発するようになった時はこの3つに当てはまっていることはないかを確認しましょう。

その中でも一番当てはまっているものを修正することで、いつものサーブの戻ることが多いです。

以下にそれぞれ解説していきますので、

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク




打点が低い(肘が曲がっている)状態で打っている

打点が低いと、フラットサーブを打つときにネットの白帯の上ギリギリを通さないといけなかったり、

スピードを緩めて失速させないと入らなかったりします。

また、打点が低いことで肘が曲がった状態で打つことになり、

ラケット面の角度がズレてることに気付かず、打球がが安定しにくくなることがあります。

そんな時はボールインパクトの瞬間に、

肘がしっかり伸びた状態になっていることを確認しましょう。

肘が伸びた時に打つことで打点が高くなり、

フラットサーブのような直線的な軌道を描く打球もしっかりサービスエリアに収まりやすくなります。

また、

肘が伸びきった時にボールを捉えることができると、

ラケットの面の向きが安定しやすくなり、コントロールもしやすくなります。

コツとしては、

ラケットを斜め上方向に振り上げながらスイングすることです。

よくありがちなのが、

腕を伸ばした状態で打つと面が下を向きすぎ、振り下ろしてしまって

ネットにかかってしまうことなんです。

斜め上に振り上げながらボールインパクトすることで軌道が低くなりにくくなり、

スピンがかかることでサービスエリアにボールが収まりやすくなります。

もう一つは、

トスをいつもよりも高く上げるようにすることです。

打点が低くなっている時は、同時にトスも低くなっていることが多いです。

トスを高く上げることでスイングの準備に余裕を持たせることでき、高く打点で打ちやすくなります。

ラケット面の角度が上もしくは下を向いている

ボールインパクト時にラケット面が上を向いていると、

打球の軌道が浮きやすくなるので、サービスラインを超えてフォルトしやすいですよね。

逆にラケット面が下を向いていると、

どれだけラケットを振り上げてスイングしても軌道が低くなってしまい、ネットにかかりやすくなります。

今の自分がサーブを打つ時に、

ラケット面が白帯の少し上

を向いているのかを確認るようにしましょう。

面の角度がずれやすい原因として、トスが挙げられます。

よく多いのが、

ベースラインの後ろに立ったところからトスを上げ、

サーブを打つ時に足の蹴り上げで前に進むことでボールが自分の頭の後ろにある状態で打ってしまうことです。

すると面が上を向きやすくなり、サービスラインを超えやすくなります。

自分がサーブを打つ時にどれくらい前へ移動するのかを把握しておき、

前へ行く分も想定してトスを上げることで、ラケット面が狙った角度になりやすくなります。

その際は、トスを前に上げすぎて打点が前になりすぎないように注意しましょう。

打点が前になりすぎると同時に打点も低くなるので、ネットにかかりやすくなります。

グリップから押し出したスイングをしている

フォルトになりやすい原因としては、

ラケットヘッドが回っていないことも挙げられます。

つまりグリップの方が先に回ってしまっており、

押し出すようなスイングになってボールに力や回転が加わりにくくなります。

手首や肘、肩に力が入りすぎると腕が固定され、グリップを押し出すようなスイングになりやすいですので、

まずはしっかり力を抜いてリラックスした状態を作るようにしましょう。

ラケットヘッドをしっかり回転させるには、

肘をしっかり前に出し、後からラケットが引っ張られる形でスイングすることが大切です。

また、身体が開いた状態で打つことでラケットヘッドが回りにくくなるので、

トスした時に左腕はしっかり上げておき、打つ瞬間にグッ!と下げて右ひじを斜め上に挙げてスイングするようにしましょう。

グリップからスイングしている場合は、

スイングした時にブンッ!!と音がならないことが多いです。

しっかり音がなるくらいラケットヘッドを回すように意識してみてくださいね。

テニスでファーストサーブが入らないときに確認するべきことは以上になります!

もしサーブの強化をしたい方こちらがおすすめです。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする