テニスで武器になる高速サーブの打ち方とコツについて

ファーストサーブを打つとき、

スピードが速いサーブを相手コートに叩き込みたいと思うことがあるかと思います。

プロの試合とか見ていても高速サーブでノータッチエースをとる姿はとてもかっこいいですし、

自分もできるようになりたいと憧れますよね!

しかし、

いつもの打ち方でただ力を強くするだけでは、

どうしてもフォルトの確率が増えてしまいますので、

安定した速いサーブの打ち方をしっかり意識する必要があります。

そこで今日は、

フォルトが少なくて安定感のある高速サーブを打つ方法

について書いていきたいと思います。

速いボールでノータッチエースをとる快感を得たい人は、

是非以下の内容を読んで試して見てください。

スポンサーリンク




スピードと安定感を上げるための3つのポイント

サーブのスピードを上げ、かつ安定して相手コートに入れるためのポイントは以下の3つがあります。

・ボールを投げる動きを意識する

・ラケットを斜め上に振り上げる

・トスを高く上げる

この3つを意識することで、

スイングスピードが増し、高い位置で叩くことができます。

それぞれ解説していきますので、

1つずつ実践して試してみてくださいね。

ボールを投げる動きを意識する

サーブにスピードがない人がやりがちなのは、

トスを上げた瞬間にスッと肘が身体の前までいき、スイングを肘と腕の力だけでやってしまうことですね。

手振りの状態でサーブを打つことになるので、

・押し出すようなスイングになる

・力がうまく入らない

・回転をかけにくい

このようなデメリットが多くなるので、

安定感があってスピードのあるサーブを打つのは難しいです。

そこで私がオススメしているのは、

『ボールを投げる動き』

を使ってスイングをすることです。

ボールを投げる動きは、

肘が前にいく反動で腕、手が引っ張られて投げるようになっています。

決して先に肘を前に出し、肘が止まった状態で腕を振ることはしないですよね。

なので、まずはラケットを投げるような意識を持ち、

スイングをしてみましょう。

『肘が前に出て引っ張られる力』『腕の力』が重なり、

スイングスピードが大きく上がります。

さらにラケットのヘッドを回す意識を強めることで、

ブンッ!!!

と風を切るような強い音がなるくらい力強いスイングができるようになり、

打球のスピードは大きく上がります。

ラケットを斜め上に振り上げる

力強くスイングするためには、

打点の位置が非常に大切になってきます。

力が入りにくいスイングになってしまう理由としては、

ボールインパクトの瞬間に

肘が曲がりすぎている

これが大きい理由です。

肘が曲がっている方が腕に力を入れやすいと感じる方もいますが、

ラケットヘッドのスイングスピードを考えると、

ある程度腕が伸びた状態でスイングする方がラケットヘッドが良く回るので力がボールに伝わりやすくなります。

肘が曲がっている理由は

打点が低いことが大きな原因なので、しっかり高い打点でボールインパクトできることを意識する必要があります。

そこでスイングで意識してほしいことは、

ラケットを斜め上に振り上げる

ということです。

斜め上に振り上げながらスイングすることで、

・打点が高くなる

・腕が伸びた状態で打てる

・ラケットヘッドが回りやすい

・スピン回転がかかる

・ボールの軌道が上がってネットが減る

このようなメリットがあります。

打点が高くなることで力強く打って相手コートに入る確率が高まりますし、

スピン回転もかかりやすいのでコートに収まりやすくなります。

斜め上にスイングすることでボールの軌道が低くなりにくいので、

ネットにかかりにくいですのも良いですね。

トスを高く上げる

ただ、斜め上に振り上げても、

トスが低いことが原因で肘が曲がって打っている人は、どうしても打点が低い状態で肘が曲がってしまい、

押し出すような打ち方になりがちです。

なので、

いつもの自分のトスの高さを確認してみましょう。

もしもトスの高さが腕を伸ばしたときの打点よりも低い場合、同じくらいの高さの場合は、

いつもよりも20センチくらい高くトスを上げてから斜め上にスイングしましょう。

高速サーブが打てると戦略の幅が広がります

スピードのあるサーブを打つことができると、

相手から警戒されやすくなるので、何かと有利に働くことがあります。

例えば、

相手が大きく後ろに下がった位置にポジショニングしやすくなります。

ある日の試合では、

ベールラインから1.5~2.0メートル下がった位置で構えている選手もいました。

中学や高校の試合ではよくある光景だと思います。

それくらいまで下がっていると、

相手のもとに届くまでにボールが失速してしまいやすいですが、

逆にワイドや浅めに打つことで相手を走らせて打つことができるのでチャンスボールを作りやすくなります。

おまけに後ろに下がっていることでリターンが浅くなることも多くなります。

アプローチショットの数を増やすこともできますし、

ボレーに出てポイントを取ることも可能になりますので、

自分のプレーの選択肢を大きく増やすことができます。

それだけ速いサーブを打てる人はメリットがたくさんありますので、

是非速いサーブを打てるように以上の内容を実践してみてくださいね!

テニスで武器になる高速サーブの打ち方とコツについては以上になります。

もしサーブの強化をしたい方こちらがおすすめです。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする