テニスの試合で左右前後に振られたときに意識すること

あなたは前後左右に振られてボールを打つ時、

しっかりいつものフォームで打ち切ることができますか?

よくあるのが、

・前屈み

・仰け反り

・左右に傾く

このように身体の軸が傾きながら打つことが多いですよね。

今日は、

前後左右に振られた場合の対処

について書いていきたいと思います。

一番重要なのは、

『身体の軸をまっすぐに保ちながら打つ』

ということです。

前屈みや仰け反り、左右に傾くと、

下半身の力を全く使えずに腕だけで打つことになりやすいです。

しっかり軸足のセットを行い、バランスが崩れないようにしましょう。

注意点としては、

軸がまっすぐでも、膝がピンッ!と伸びた状態で打つと、腕の力だけで打つことになりますので、

腰を落としてグッと足の裏で体重を感じながら打つようにしましょう。

私もそうなのですが、

疲れてくると膝を曲げるのが辛くなってきて、目線が高くなってしまいますよね。

ボールと並行もしくは上からスイングをしてしまいがちになりますので、ラケットの振り始めの高さを注意するようにしましょうね。

どうしても厳しい場合はスライスで打つという手もありますが、

低いボールも厚い当たりでしっかり捉えて打てると相手も攻めづらくなるので、

極力、しっかり膝を曲げて腰を落とし、スクエアスタンスもしくはオープンスタンスで打つようにしましょう。

足腰を鍛えたり、体幹トレーニングをすることで姿勢が崩しにくくなるので、

前後左右に振られたり、低めのボールをきっちり返したい場合は、是非トレーニングしてみてくださいね!

テニスの試合で左右前後に振られたときに意識することは以上になります!

スポンサーリンク

シェアする