テニスで抑えておくべきポジショニングについて

あなたは試合でのポジショニングを意識していますか?

ポジショニングがきっちりできていないと、

オープンスペースができやすいので相手にスキを与えることになります。

そこを何度も突かれてしまって一気に形成逆転なんてこともあり得ます。

自分がどこに立てば良いかが分かっていると、

速いボールが飛び交う展開でも効率よくボールに追いつくことができ、

粘り強いプレーをすることができるようになります。

今日は、抑えておくべきポジショニングについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク




ポジショニングで意識すること

まずはポジジョニングをする上で一つ意識しておくことがあります。

それは、

相手が打てる範囲を常に考える

ということです。

相手が打てる範囲を全体的にカバーしやすい場所を見つけ、

常にそこへ動くことが大切になります。

立つ位置は打てる範囲の丁度真ん中地点を意識するようにしましょう。

以下に

・リターンのポジショニング

・ダブルスのポジショニング

について解説していきます。

リターン(レシーブ)のポジショニング

まずはリターンのポジショニングについてですが、

相手が打ちやすい範囲は「背の高さ」や「スピン量」、「スピード」によって変わってきますが、大体の目安は以下のようになります。

赤丸の位置が立つ位置です。

センターやサイドに寄ってしまうと、

どちらかを狙われてしまいノータッチエースを取られる可能性が高まります。

「シングルスラインより少し左側」(デュースサイド)を目安に立つようにしましょう。

ダブルスのポジショニング

まず相手がストロークを打つ場合です。

1番前衛が気をつけるべきなのはストレートを抜かれないことです。

ストレートケアを第一に考えましょう。

その上でセンター際のボールもカバーできるようにポジショニングする必要があります。

センター際のボールをカバーできないと後衛が大きくセンターへ動きながらバックハンドを打つことになり、

ショートクロス(右上)がオープンコートになってしまいます。

後衛はショートクロスとセンター際をしっかりカバーできるようにポジション取りをしておきましょう。

図にすると以下が目安となります。

次は相手がボレーを打つ場合です。

以下のように前衛はショートクロスとセンターをカバーできる位置に立つようにしましょう。

ただ、ネットに近い位置に立ちすぎると速いボレーの対応が難しくなるので、少し後ろ目(サービスラインより少し前)くらいに立つと良いです。

後衛は特にセンター際のボールに対応できるように意識しておきましょう。

ボレーは低い弾道で飛んでくることが多いので、

腰をいつもよりも落とした状態で構えておくのがオススメですね。

もしも右側にドロップショットを打たれた場合は、

前衛がカバーして後衛はすかさず左側へポジション変更しましょう。

以上のことを意識するとボールに追いつける確率が高まり、粘り強くなりますので、

ぜひ試してみてくださいね。

テニスで抑えておくべきポジショニングについては以上になります。

もしストロークを強化したい方こちらがおすすめです。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする