テニスでサーブのコース打ち分けをする大切さについて

あなたはサーブのコース打ち分けができますか?

ただ速いサーブを打つだけでは、

相手のいる場所に打ってしまえばラケット面を合わせて、

容易くリターンされてしまいます。

スピードボールも重要ではありますが、

狙ったコースにしっかり打ち分けする意識を持つこともとても大切です。

そこで今日は、

サーブをコースへ打ち分けする大切さについて書いていきたいと思います。

コース打ち分けができると、

相手をサイドへ追いやって体力を削ったり、

弱点をついてミスを誘うことができますので、

試合展開が有利になりやすいです。

もちろんスピードのあるボールを厳しいコースに打てることが一番望ましいですが、

緩いボールでも良いんですよね。

ボールのスピードが遅くてもコースを狙う方が、

相手の動く距離が多い分、

打つ時、タイミングの調整に手間がかかりますよね。

特にサーブのような上から打てるショットは特にタイミングを合わせるのは難しいです。

一時期、

どうすればサーブのスピードが上がるのか模索して、

スピードアップを目指したことがありますが、

実際に練習を重ねてスピードアップしたサーブを打つと、

とにかくサービスエリア内に入れば良いという考えで打っていたので、

ほとんど相手の正面近くにボールが行き、

簡単に返されてしまいました。

そこでスピードを戻してコースに狙ってみると、

甘い球が返ってきたり、ミスショットが明らかに増えていました。

なので、

まずはコースを狙えるようになってから、

スピードを上げたり、スピン回転の練習をしてみてはいかがでしょうか?

補足として、

コースに打ち分けするときには、

・足の位置

・身体の向き

この2つをしっかり打ちたい方向を意識したセットをしましょう。

逆クロス側からサイド側に打ちたいのに、

両足の位置や身体の向きがセンター側に対して横向きだと、

身体が開いた状態でサイドへ打つことになり、手打ちの原因になります。

気をつけましょうね!

テニスでサーブのコース打ち分けをする大切さについては以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク