テニスの練習でアウトを減らすために意識する4つのポイント

あなたは練習や試合中にアウトに悩まされたことはありますか?

ネットの白帯の1メートル上を目がけて打っているのに、

なぜか2メートル上を通過してベースラインを超えてアウトをしてしまうことは、

普段打っているとたまに見られるかもしれませんが、

もしもこれが頻繁に起こる場合は、

少しフォームやスイングを修正する必要があります。

今日は、

アウトをしてしまう原因4つと、

アウトを減らすために意識すること

について書いていきたいと思います。

「なんでだろう・・・」

と首をかしげながらも、

「まぁ次は入れば良いや!」

と考えて問題を解決しないままにしないように、

是非今日の内容をしっかり読んで試してみてくださいね!

アウトをするときに特に多い状態としては、

以下の4つが上げられます。

・ラケットの面が上を向いている

・肘が曲がった状態で打っている

・ラケットをまっすぐ押し出している

・軸足に体重が残った状態で打っている

連続で打球が浮いてしまった場合は、

この4つについて当てはまるかどうか確認をしてみましょう。

以下に詳しく解説していきますね。

スポンサーリンク




ラケットの面が上を向いている

トップスピンを打つときには斜め上にスイングしてボールを打つかと思いますが、

ボールインパクトの瞬間もラケット面が上を向いてしまっていることがないか確認をしましょう。

ラケット面が上向きになっていると、

トップスピン回転がほとんどかからずに無回転でボールが飛んでいくので、

タイミングや力加減によってはアウトが増えてしまいます。

そんな時にリラックスしながら素振りをしてみると、

少しだけ面が上を向いていることが良くあるので、

面の角度が地面に対して垂直になった状態でボールインパクトすることを意識して素振りをしてみましょう。

斜め上にスイングできていてラケット面がまっすぐ地面と垂直になっていると、

必ずトップスピン回転がかかるので、

空気抵抗でストーンと落ちる打球になってアウトが減りやすくなります。

肘が曲がった状態で打っている

ストロークを打つ時に肘が曲がっている状態で打つと、

ボールインパクトの時のラケット面の角度のズレが大きくなりやすいです。

スイングごとに肘の角度が違っていると、

一球打つたびに面の向きの調節が必要になるので、

対応が難しくなるんですよね。

身体に近い位置でボールを打つ時に肘が曲がった状態で打ちがちになりますが、

窮屈になってスイングが小さくなったり、

打点が後ろになって力が入らなかったりするので、

コントロールがしにくくなってラケット面が上を向いてしまってミスする原因となります。

そんなときは、

腕をぐっと伸ばして打点を前にしてみましょう。

打点を前にすることで、

肘がある程度伸びた状態でボールインパクトを迎えるので、

ラケット面をまっすぐに安定させながら打ちやすくなります。

打点の位置は踏み込み足のつま先からボール3個分くらい前を常に意識していると、

打点が固定されやすいように思います。

ラケットをまっすぐ押し出している

これもアウトになる原因として多いのですが、

ボールインパクトからのフォロースルーの動きが、

ボールの打球方向にまっすぐに押し出すようなスイングになっていると、

トップスピンがかからずにアウトにやりやすくなります。

腕をガチガチに固定して肩だけてスイングしようとすると、

押し出すようなスイングになりやすいので、

しっかりリラックスしておき、

ボールインパクトの瞬間からフォロースルーの時に、

ラケット面の上側をグッと押す意識を持つようにしましょう。

スピン量がいつもよりも増え、

ラケットフレームに当たってもボールの軌道を低く抑えやすくなるので、

アウトしにくくなります。

重心が軸足にある状態で打っている

これはバックハンドに多くみられるのですが、

軸足セットしてそのまま体重が軸足に乗った状態で打つと、

仰け反ってしまってラケット面が上を向いたり、

打点が後ろになってしまって肘が曲がった状態でアッパースイングになり、

軌道が高くなってアウトになることがあります。

フレームショットが多くなりますので、

これについても確認をしてみましょう。

こんなときは、

踏み込み足に体重を乗せて打つようにしましょう。

重心が踏み込み足にある状態だと仰け反りにくくなりますし、

打点も前になりやすいです。

よくありがちなのが、

ボールインパクトのときは踏み込み足に体重が乗っていますが、

その後すぐに軸足に体重が移動してしまうことです。

タイミングがズレるとボールに力が伝わりにくくなるので、

打ち終わった後も前足に体重が残っているように気をつけましょうね。

テニスの練習でアウトを減らすために意識する4つのポイントは以上になります!

アウトのミスが多いのは回転量や軌道の調節をして如何に相手コートにボールを収めるかを考えて実践するだけで良いので、

ネットミスよりも意識するポイントが少ないです。

是非以上の4点を意識してみて、

安定したストロークが打てるようになってくださいね!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする