テニスの練習や試合に集中できるコンディションを整えましょう

あなたは身体のコンディションに気を使っていますか?

以前、

テニスをするときによく使う肘、膝、足首、腰、肩の酷使をしすぎて、

無理をして痛めないようにしましょう。

という記事を書きましたが、

テニスの練習で怪我を悪化させないために意識しておくこと

今日は、

普段からしっかり体調管理をして、

テニスに集中できる状態を作っておく大切さ

について書いていきたいと思います。

テニスは集中力を保ってプレーする必要があるので、

集中力が途切れるような要因はできるだけ排除したいところですよね。

特に気をつけてほしいのは、

歯の状態です。

噛み合わせが悪ければ身体のバランスが悪くなってしまい、

パフォーマンスは低下しやすくなります。

虫歯が痛くて我慢しても集中できなくなるので、

パフォーマンスは間違えなく下がりますよね。

というのも、実は3日前、

前歯が痛くて全くプレーに集中できなくなったんですよね。

最初は我慢できる程度だったので、

まぁ今すぐ病院行くほどでもないかなぁ・・・

休日に行ってみようかなぁ

今はとりあえず様子を見てみよう

と思って、いつも通りに過ごしていましたが、

急に痛みが増して、全く集中できなくなりました。

結局、

あまりにも痛くなったのですぐに病院へ駆け込んだのですが、

右前歯の神経が強くダメージを受けてしまっており、

ツンツンと触っただけで前歯を折られたような痛みが走るくらいになっていました。

痛み止めが一切効かず、麻酔もあまり効かないくらいでした。

もちろん、

痛いのを我慢するので精一杯でただボールを打ち返すのがやっとでした。

それに痛みがストレスになるので、

すこし乱暴な打ち方になったり、フォームの微修正もする余裕がない状態でした。

心に余裕がなくなるとプレーのパフォーマンスが落ちてしまうので、

このように痛みや体調不良を放っておかずに、

悪化する前に、しっかり対策することが大切なんですね。

まぁ少し痛いけど自然治癒するだろう・・・

と思わず、

薬を飲んだり、

現在の状態の確認のためにも病院で検査をしてもらったり、

常に体調を万全にしておくようにしましょうね。

今日の内容は以上になります!

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク