テニスのストロークで高いボールの打ち方と打点について

あなたは高い位置のボールをうまく打つことができますか?

ロブやトップスピンボールが深い場所にバウンドすると、

ボールが大きく跳ねて頭よりも高い位置

打ってしまうことがあるかと思います。

すると手打ちになってしまったり、

力がほとんど入らなくて、

浅いボールになって打ち込まれた経験があるかもしれません。

今日はそんな時に、

どのようにすればうまく力を入れて、

深いボールを打つことができるのか?

について書いていきたいと思います。

意識して欲しいのは、

・打点の位置

・後ろ足の曲げ伸ばし

・体のひねり

この3つです。

一番最悪な打ち返し方は、

体が真正面を向きながら、

背伸びをして

頭よりも高い位置で打ち返すことですね。

あなたもこんな打ち方をした経験がないですか??

私は何度も経験がありますが、

浅いボールになり、

何度もポイントを取られました・・・

とても大切な内容ですので、

是非最後まで読んでみてくださいね!!!

スポンサーリンク




打点の位置

高く上がったボールを目一杯腕を伸ばして

頭よりも高い位置で打ってしまう人が多いですが、

まずは足を動かして打点を変えてやる必要があります。

打点は、

最低でも頭から膝の範囲の間で打つようにしましょう。

力が入りやすいのは

肩から腰の間になりますので、

その位置まで落ちてくるのを待って打ってやるか、

ライジングショットでバウンドの跳ね際を打つか

どちらかを選ぶようにしましょう。

体のひねり

相手やボールを見る意識が強すぎると、

体のひねりを忘れてしまって手打ちになることがあります。

手打ちはラケット面が安定しにくく

浅いボールになりやすいので、

テイクバックの時にスロート(三角の部分)を左手で持ち、

身体をしっかりひねってボディターンするようにしましょう。

(右利きの場合)

ひねり戻しの力を利用することで

ボールに強い力を使えることができるようになります。

後ろ足の曲げ伸ばし

高く上がったボールはベースラインよりも

かなり後ろまで下げされてしまうことがありますよね。

すると頭の高さで力を入れて打ったとしても、

思ったよりも威力が出ず、

相手に届くまでに失速してしまうことがあるかもしれません。

そのような時は、

後ろ足も曲げ伸ばしの勢いを使ってスイングすることで、

力強いボールが打ちやすくなります。

軸足を少し曲げてタメを作り

スイングと同時に伸び上げるようにしましょう。

飛び上がる気持ちで曲げ伸ばしを行うと

スピンがかかって威力のある打球になりやすいです。

深いロブボールで相手を下げることで

チャンスを作ろうとする選手は非常に多いですので、

しっかり対応できるように、

以上の3点を意識してみてくださいね!!!

テニスのストロークで高いボールの打ち方と打点については以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする