テニスでサーブをするときに地面にボールをつくのはなぜなのか?

あなたはサーブを打つ前にボールを地面につきますか??

私は必ず2回もしくは3回ついてからサーブを打つようにしています。

周りの選手を見ても、

プロ選手を見ても、

みんなやっていますよね。

これって

人それぞれ理由があるかと思いますが、

今日は、

私がボールをつく理由について

書いていきたいと思います。

主に2つあります。

・ルーチンワーク

・タメを作りやすくなる

ボールをつくことは、

サーブを安定させたりスピードを速くするための重要な動作になっています。

もしボールをつかない、

もしくは意識してせずにボールをついていた場合は、

是非読んでみて下さいね!!!

スポンサーリンク

ルーチンワーク

サーブは唯一自分のタイミングで打てるので、

できるだけ理想のフォームを維持して打ち続けたいと思います。

自分のルーチンワークを決めておくことで、

自分のリズムを作ると、

サーブのフォームやトスが安定しやすくなります。

このルーチンワークの最初にボールをつく動作を入れることで、

自分のリズムを作りやすくなります。

例えば、

私の場合は、

ボールを3回地面につく

↓↓↓

ラケットのスロート部分に手に持ったボールを当て、構える

↓↓↓

トスを上げる

↓↓↓

しっかりタメを作って打つ

このような感じですね。

また、

ルーチンワークを用いて良いサーブを打てた経験ができると、

その良い感覚をそのルーチンワークで感じながら打つことができるようになるので、

自信を持ってサーブを打てることにも繋がります。

タメを作りやすくなる

サーブはトスを上げた後に足元がぐらついてしまい、

上半身でボールをゆらゆら追いかけて手打ちで打つことが多いです。

ボールをつくときに左足(右利きの場合)に体重を乗せることで、

トスを上げたときに同様に左足に体重を乗せやすくなり、

膝を曲げることでタメを作りやすくなります。

すると、

しっかり伸び上がりの力を使うことができ、

ボールに威力が増します。

ボールをつく動作はこのように良いメリットがありますので、

是非このことを意識し、

ボールをついてからサーブを打ってみて下さいね!!!

今日は以上になります!

スポンサーリンク

シェアする