テニスでフォアハンドのテイクバックを早くコンパクトにする方法

あなたはテイクバックにどれだけ時間をかけていますか?

テイクバックに時間をかけすぎると、

速いボールに対して振り遅れてしまったり、

アプローチショットをするときに速いタイミングでボールを打てないことがあり、

試合でミスしたりチャンスを生かせない原因になります。

今日は、

フォアハンドのテイクバックの無駄を省き、

早くコンパクトにスイングに入れるテイクバックの方法

について書いていきたいと思います。

テイクバックで意識することは、以下の2つになります。

・骨盤を回すことでテイクバックする

・グリップを腰の高さで維持しながらテイクバックする

その2つを意識することで、

速いボールにもしっかりタイミングを合わせて打ちやすくなるので、

是非最後まで読んで見てくださいね!

スポンサーリンク

骨盤を回すことでテイクバックする

よく多いテイクバックの方法は、

肩を回すことで腕を引くことです。

腕をしっかり身体より後ろに引くことができていればスイングが大きくなり、

ある程度威力のあるボールを打つことができますが、

腕を引くのに時間がかかったり、腕振りになることがあります。

テイクバックは腕を引くのではなく、

骨盤を横向きに回すことで上半身を横向きにして、

自然にテイクバックの形を作るようにしましょう。

そちらの方が腕が疲れにくく、

テイクバックが早く完了します。

ラケットの三角の部分を左手で持ちテイクバックすると、

しっかり左肩を入れてテイクバックができるので、

ひねりによる身体の回転を使ってボールを打つことができ、

腕振りを抑えやすくなりますね。

グリップを腰の高さで維持しながらテイクバックする

テイクバックの時にラケットを高い位置に上げてから、

打つときに下げる選手を多く見かけますが、

極端に上げすぎるとラケットを大きくぐるっと回して腰付近まで下げる必要があり、

スイングする余裕が無くなることがあります。

ゆるいボールに対しては問題ないですが、

速いボールに対しては、

あまり高くラケットをテイクバックしないのが望ましいですね。

骨盤を回してテイクバックをする時に、

ラケットのグリップをお腹の高さにセットしておき、

ラケットの高さをキープしたままテイクバックするのがおすすめです。

スイングに入る時のラケットの高さの調整が少なくて済むので、

スイングが安定しやすくなります。

以上の2つを是非試してみてくださいね!

フォアハンドのテイクバックを早くコンパクトにする方法については以上になります!

スポンサーリンク

シェアする