テニスでストロークを打つときのテイクバックのコツについて

あなたはボールを打つときにどんなテイクバックをしていますか?

テイクバックってボールを打つ上で非常に重要な要素の1つなんです。

今日は、

テイクバックするときの、

・身体の使い方

・ラケットの高さ

この2つについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

テイクバックするときの身体の使い方

あなたはテイクバックするとき、

腕だけでラケットを引くことはないですか?

テイクバックは腕でラケットを引くと時間がかかってしまい、

速いボールや球足の速いボールを打つときに間に合わなくなってしまいます。

腕を引いて、スイング、引いて、スイングを繰り返していると、

腕もすぐ疲れてしまって、スイングに安定感がなくなってしまいます。

そのため、

腕を引くのではなく、

腰を回すことで腕を後ろへテイクバックするようにしましょう。

腰をクルッと回すだけなので、

こちらの方がコンパクトにテイクバックすることができます。

補足として、

テイクバックのとき、

左腕の位置はかなり重要になってきます。

身体が開きすぎないように、

左手でシャフト(スロート)と呼ばれる三角の部分を持ちながらテイクバックをすると、

しっかり身体全体を使って打つことができます。

そのときに、

右手はほぼ添えるくらいの力で握っておくのがおすすめです。

テイクバックするときのラケットの高さ

ストロークを見ていると、

テイクバックするときのラケットの位置が高くセットし、

打つときに低くセットし直している人が多いです。

すると、

スピードボールが来て余裕がなくなってしまったとき、

高い位置からラケットを振り始めてしまって、

ネットにかかったり、

押し出すようなスピンのかからない打球になったり、

面が上を向いて吹っ飛ばしてしまったりすることになります。

どうすれば良いかというと、

構えたときのラケットの高さの位置を維持して、

腰を回してテイクバックしましょう。

グリップエンドがおへその高さにあるくらいにセットしていれば、

そのまま腰を回してあげると、

自然とテイクバックの高さも低くセットできます。

テニスでストロークを打つときのテイクバックのコツについては以上になります!

スポンサーリンク

シェアする