テニスでよく使うアプローチショットの打ち方について

あなたはアプローチショットを安定して打つことができますか?

ラリーをしていると、

浅いボールを前に移動しながら打つ機会があるかと思いますが、

せっかく前に踏み込んでショットを打てるので、

後ろへ下がってしまわずにそのままネットプレーを仕掛けたいところです。

今日は、

ネットプレーを仕掛ける際に打つ

アプローチショットの打ち方について

書いていきたいと思います。

よくやってしまう良くないこととしては、

・前へ突っ込みながら打つ

・打点を落として打つ

この2つがあります。

この2つをやってしまうと、

ショットが安定せずにもったいないミスをしたり、

フレームショットになって相手に楽々追いつかれたりします。

そうならないためにも、

意識することは以下の2つです。

・立ち止まってタメを作って打つ

・バウンド後の速いタイミングで打つ

スポンサーリンク

立ち止まってタメを作って打つ

突っ込みながら打つと、

・前のめりになってしまう

・打点が後ろになってしまう

このような状態でアプローチショット打ってしまうと、

ラケットの面が安定せずにゆるいボールになり、

パッシングショットでネットに進んでいるときに横を抜かれてしまいます。

そのため、

・膝を曲げてバランスを保つ

・肘が伸びた状態でボールインパクトする

この2つを意識しましょう。

膝を曲げることで

しっかり軸足を体重を乗せることができるため、

タメを作って身体の力をボールに伝えやすくなります。

また、

軸足を曲げることで下半身のバランスを保てるので、

前のめりになるのを防ぐことができます。

バウンド後の速いタイミングで打つ

アプローチショットを打つときは、

ボールがバウンド後に落ちてくるのを待って打つと、

振り上げて打つことになるので、

ボールのスピードを抑えて回転量を増やさないといけなくなり、

相手に時間の余裕を与えてしまうことになります。

そのため、

ライジングショットでボールが上がってきているときを狙うようにしましょう。

タイミングを速くして打つことができるので、

相手のポジショニングやショットの準備をさせずに試合を展開することができます。

ライジングショットを打つときは、

フレームショットを恐れてスイングが縮こまらないように気をつけましょう。

手首に力が入って力んだ状態だと、

ボールを押し出すようなスイングになったり、

フレームショットが多くなるので、

テイクバックの時はゆるゆるの状態で握っておくなど、

リラックスするように心がけましょう。

しっかりバウンドを見てボールとの距離感を保ち、

ラケットヘッドをしっかり回しながら打つことで、

タイミングを合わせて回転のかかったアプローチショットを打ちやすくなります。

是非以上の2つを意識してみてくださいね!

テニスでよく使うアプローチショットの打ち方については以上になります!

スポンサーリンク

シェアする