テニスでフォアハンドを打つ時の手首の角度について

あなたはフォアハンドストロークを打つ時、

手首の角度を意識して打っていますか?

手首がまっすぐ伸びた状態で打つと、

ラケットヘッドを回して打ちにくく、

スイングのときにラケット面が安定しにくくなります。

手首を少し曲げて打つことで、

腕をしならせて打つことができるので、

スイングスピードが上がり、

力強くボールを叩けるようになります。

今日は、

フォアハンドを打つ時の手首の角度

について書いていきたいと思います。

手首の角度を気をつけるポイントは、

・テイクバック

・ボールインパクト

この2つの時ですね。

スポンサーリンク

テイクバックの時の手首の角度

テイクバックの時は腕と手首を90度に背屈すると良く言われていますが、

90度にするには手首に力を入れないといけないので、

リラックスして自然に曲がる角度にしてテイクバックしましょう。

私の感覚では、

135度から150度くらいが目安ですね。

ボールインパイクト時の手首の角度

ボールをラケットで捉える場所によって角度は変わってきますが、

ウエスタングリップで踏み込み足よりボール1個から2個前でボールを捉えると想定すると、

手首の角度は、

120度から135度くらいでボールインパクトを迎えると力が入りやすいです。

スイングのときはその手首の角度を維持したままスイングすることで、

ラケットヘッドがしっかり回ってスイングスピードが速くなります。

もしフォアハンドストロークの威力が出ないと感じた場合は、

自分の現在の手首の角度と比較して、

試してみてくださいね!

テニスでフォアハンドを打つ時の手首の角度については以上になります!

スポンサーリンク

シェアする