テニスで右利きの人がフォアハンドを打つ時の左手の使い方について

あなたはフォアハンドを打つ時に、

ラケットを持っていない手がどうなっているか考えたことがありますか?

右利きであれば、左手(左腕)

左利きであれば、右手(右腕)

ですね。

初心者であるほどスイングに意識が行くので、

左手(左腕)がぶらぶら遊んでいたりすることが多いですよね。

実はフォアハンドストロークを打つ上で、ラケットを持っていない方の手の位置がどこにあるかは非常に重要になってきます。

左手の位置がどこにあるかで、

・ボールの威力

・打球の安定感

この2つに大きな違いが出てきます。

今日は、

右利きの人がフォアハンドを打つ時の左手の使い方

について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

スイングする時の左手の位置が打つ方向を向いている場合

テイクバックをした時の左手はどの方向に向いてますか?

非常に多いのが、

打ちたい方向に左手(左腕)が向いているパターン

なんですよね。

左手が打ちたい方向を向いていると、

腕振りになってしまう可能性が非常に高まります。

テイクバックの時に打ちたい方向に左手が向いている場合、

そのままスイングに入って身体を回転させると、ボールインパクトの時には左腕は身体の左側にあるので、

身体が開いた状態でボールインパクトすることになります。

図で表すと以下のようになります。

この状態だとボールインパクト後は身体を回すのが難しくなるので、

フォロースルーは腕の力だけでスイングすることになります。

すると、腕振りになってしまい、

スイングやラケット面が安定せず、打球に力が伝わりにくくなります。

強いボールを打ち返そうとすると、

スピードや威力に負けてしまって振り遅れたりしっかりボールを抑え込めなくてコントロールできなくなることもあります。

一番良いのは打つ方向に対して左手を90度横向き

ボールインパクト時に左手が大きく開かないようにするためには、

左手の方向を調節する必要があります。

左手の方向は、

打つ方向に対して左手を90度横向き

これが一番望ましいです。

打ちたい方向に左手を90度横向きになっていると、

スイングしてボールインパクトした瞬間の左手の位置はまだ相手方向に向いていることになります。

図で表すと以下のようになります。

この状態だとボールインパクトの時には身体が開いておらず、

上半身の回転をしっかり使ってボールインパクトすることができますし、

腕の力だけでなく身体全体の力を使ってボールを押し返しやすくなります。

フォロースルー時も身体の回転を使うことができるので、打球にしっかり力を加えることができ、安定感を増すことができます。

徐々に90度に近づけながら慣れていきましょう

今まで左手が相手方向に向いた状態で打っていた人が急に90度傾けると、タイミングが取りづらくなってしまうので、

徐々に打ちたい方向に対して左手を90度に近づけていくようにしましょう。

30度左手の方向を傾けるだけでも、

ボールインパクト時に身体を回転しやすくなりますし、腕振りが改善されていきます。

30度 → 45度 → 60度 → 90度

このように段階を踏んで、

徐々にタイミングが合うように練習していきましょう。

右利きの人がフォアハンドを打つ時の左手の使い方については以上になります。

スポンサーリンク

シェアする